凍結融解により劣化したコンクリートと FRP シートの界面における付着性状

Translated title of the contribution: ond Deterioration of FRP sheet/Concrete Interface under Fatigue Loading

Yuki Saito, Yasuhiko Sato, Tamon Ueda, Jian-Guo Dai

Research output: Chapter in book / Conference proceedingConference article published in proceeding or bookAcademic researchpeer-review

Abstract

FRP シートで補強されたコンクリート構造物は、実際は輪荷重などによって繰り返し荷重を受ける。付着応力を評価する為に静的実験は多数行われてきたが、繰返しせん断応力に対する実験はほとんどない。実際に FRP シートの剥離破壊を先行させないように、繰返しせん断応力によるせん断付着疲労耐久性を照査することが必要である。また FRP シートは補修・補強を目的として用いられるが、既往の研究では実際に劣化させたコンクリート
での試験はおこなわれていない。本研究では寒冷地における実際の構造物を想定して、コンクリートを予め凍結融解することで劣化させた後、付着力の挙動を静的及び疲労試験により考察をする。
Translated title of the contributionond Deterioration of FRP sheet/Concrete Interface under Fatigue Loading
Original languageJapanese
Title of host publication土木学会第60回年次学術講演会(平成17年9月)
Publisher日本土木学会
Pages1015-1016
Number of pages2
Publication statusPublished - 2005
Externally publishedYes

Cite this